MENU

service 事業案内

産業用太陽光発電

工場や建物の屋根・遊休地や未使用地の活用

産業用太陽光で建物の屋根・屋上や空き地などの有効活用が可能です。
たとえば、工場立地法では、敷地面積の一定割合を緑地などの環境施設面積とすることが義務付けられています。太陽光発電システムは「緑地以外の環境施設」として認められ、工場の新設・増設時に敷地の有効活用が可能になります。

産業用太陽光発電-ビル
産業用太陽光発電
これまで産業用太陽光発電が注目されなかった理由
  • 余剰電力買取制度には経済メリットがほとんど無かった
  • 産業用電気料金は安かった
  • CSRとしての効果が低かった
矢印
今、産業用太陽光発電が注目を浴びるようになった理由
  • 高い単価での全量買取制制度がスタート
  • 非常用電源、安定電力確保としてのニーズが高まる
  • CSRとしての効果が高まる

導入のメリット

メリット1
電気料金など、光熱費の削減。
メリット2
遮熱効果による空調負荷、コストの低減。
メリット3
災害時などの非常電源が確保できます。
メリット4
環境保護意識が高まります。
メリット5
法制度や税制面での優遇があります。
メリット6
CSR(企業としての社会的責任)としての評価が高まります。

サービス一覧へ